スポンサーリンク

11月24日(木)から発売開始!「年末ジャンボ宝くじ」(第704回全国)、縁起のよい購入日は?

ついに、11月24日(木)から、2016年最後の宝くじ、

「年末ジャンボ宝くじ」(第704回全国) が発売されます。

今年は、年末ジャンボミニ1億円、年末ジャンボプチというタイプも発売されますので、

興味のある方は、以下の投稿をご覧ください。

とにかく億万長者を目指すなら、「年末ジャンボミニ1億円」(第705回全国)
とにかく億万長者を目指すなら、「年末ジャンボミニ1億円」(第705回全国)
11月24日(木)から「年末ジャンボミニ1億円」が発売されます。「年末ジャンボ宝くじ」と同じく、1枚300円。それでは、「年...
「年末ジャンボプチ1000万」(第706回全国)
「年末ジャンボプチ1000万」(第706回全国)
11月24日(木)から「年末ジャンボプチ1000万」が発売されます。「年末ジャンボ宝くじ」、「年末ジャンボミニ1億円」と同じ...

2016年の年末ジャンボ宝くじは、昨年と同様に、

一等賞金「7億円」、前後賞合わせると「10億円」となっております。

ちなみに、2015年の年末ジャンボ宝くじの売上は、”1971億円”。

2015年宝くじ総売上額”9154億円”のうち、

“21.5%”が年末ジャンボ宝くじによるものです。

11月下旬から約1か月で、これだけの売上額を上げる年末ジャンボ宝くじ、

普段は宝くじを買わないが、年末ジャンボ宝くじだけは購入する

という方も、おられるのではないでしょうか。

年末ジャンボ宝くじで、億万長者は何人生まれるのか?

今年の年末ジャンボ宝くじは、発行ユニット数が25ユニットとなっています。(1ユニットあたり2000万枚)

この25ユニットが全て販売されたとすると、

当せん本数は、一等7億円が25本、1等の前後賞各1.5億円が50本で、

単純計算すると最大で75人となります。

ただし、「連番」「バラ」の違いがありますので、

連番で一等12本、バラで一等13本と仮定すると、

51人の億万長者が誕生することになります。

※売残りや増刷、連番・バラの販売比率などにより変動します。

抽選日である大晦日(12月31日)の縁起は?

年末ジャンボ宝くじの抽選日である大晦日に

もしも、10億円に当選して、お正月を迎えることが出来たら、どんなに幸せでしょうか。

わたしは、親戚にばれないように、挙動不審になってしまうかもしれません。

2016年の大晦日は、“一粒万倍日”という吉日となっております。

“一粒万倍日”は、何事を始めるにも良い日とされ、

特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。

ウィキペディアより引用

“一粒万倍日”は、購入日としては最適な吉日といえるのですが、

抽選日としては、残念ながら、

可もなく不可もなくといったところでしょう。

抽選日に関しては、すべての購入者が同じ条件ですので、

縁起を気にされる方は、

来年の縁起の良い日を選んで、

宝くじの当選番号を確認するなどしてみてはいかがでしょうか。

直近の縁起のよい日としては、1月3日(火)1月15日(日)が良さそうです。

“大安”“寅の日”が重なっており、大変、金運の良い日となっています。

ただし、1月3日(火)は、”不成就日”とも重なっています。

”不成就日”とは、

何事も成就しない日とされ、結婚・開店・子供の命名・移転・契約・芸事始め・願い事など、事を起こすことが凶とされる。

※ウィキペディアより引用

この日に事を起こすわけではないので、あまり気にする必要はないと思いますが、

どうしても気になる方は、1月15日(日)にどうぞ。

縁起のよい購入日は?

さて、肝心の購入日ですが、

吉日が重なった、とても縁起の良い購入日が、2日あります。

なかでも、おすすめ購入日の第一位は、

“天赦日(てんしゃにち)”という大吉日と、“一粒万倍日”が重なった

滅多にない縁起のよい日となっています。

※おすすめ購入日ランキングは、本ページの最後にありますので、開封してみてください。

“天赦日(てんしゃにち)”とは

てんしゃにち、てんしゃび。暦には「天しや」と書かれ、選日にも書かれる。
この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。

ウィキペディアより引用

この投稿を見てくださった方に、どうか幸運が訪れますように。

おすすめ購入日ランキング

※当サイトのランキングでは、縁起のよい吉日であっても、
"不成就日"と重なる日はランク外となっております。
また、仏滅と重なる場合は、ランキング外もしくは、下位に表示されます。
「年末ジャンボ宝くじ」(第704回全国)
販売期間: 2016年11月24日(木) 〜 2016年12月23日(金)
抽選日:2016年12月31日(土) 万倍日
当せん金・本数:
等級等 当せん金 本数
1等 700,000,000円 25本
1等の前後賞 150,000,000円 50本
1等の組違い賞 500,000円 4,975本
2等 15,000,000円 500本
3等 1,000,000円 5,000本
4等 10,000円 500,000本
5等 3,000円 5,000,000本
6等 300円 50,000,000本
(発売総額1,500億円・25ユニットの場合 ※1ユニット2,000万枚)
広告
第 1 位  開封する 
済
12月08日(木) 万倍日天赦日
本日は一粒万倍日と天赦日が重なる日です。天赦日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日です。
一粒のもみが万倍にも実る稲穂とな一粒万倍日の効果も倍増し、大きな成果をもたらすかもしれません。宝くじなどの購入には最適な日です。
第 2 位
済
12月05日(月) 大安万倍日
本日は一粒万倍日です。何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。
さらに、本日は大安でもありますので、効果は倍増。宝くじ購入には最適な日と言えるでしょう。
第 3 位
済
12月20日(火) 万倍日
本日は一粒万倍日です。何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。
一粒のもみが万倍にも実る稲穂となるように、購入した宝くじが何倍にもなるかもしれません。
第 3 位
済
12月13日(火) 己巳の日
本日は己巳(つちのとみ)の日です。弁財天の縁日とされており金運は◎です。宝くじ購入には最適な日と言えるでしょう。
第 3 位
済
12月07日(水) 万倍日
本日は一粒万倍日です。何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。
一粒のもみが万倍にも実る稲穂となるように、購入した宝くじが何倍にもなるかもしれません。
広告
第 3 位
済
終了 12月06日(火) 万倍日
本日は一粒万倍日です。何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。
一粒のもみが万倍にも実る稲穂となるように、購入した宝くじが何倍にもなるかもしれません。
第 3 位
済
終了 11月28日(月) 寅の日
本日は寅の日です。金運に縁起のよい吉日とされています。宝くじ購入におすすめですが、宝くじの抽選日としてもおすすめです。
第 4 位
済
終了 12月01日(木) 巳の日
本日は巳の日です。巳(へび)は弁財天の使いとされており、金運にまつわる縁起のよい日とされています。弁財天への願いが届くかもしれません。宝くじ購入におすすめです。
第 5 位
済
終了 12月23日(金) 大安
本日は大安です。何事においても吉、成功しないことはない日とされております。宝くじ売り場ののぼりを見たら、宝くじを買ってみるのもよいでしょう。
第 5 位
済
終了 12月22日(木) 寅の日仏滅
本日は寅の日です。金運に縁起のよい吉日とされています。しかし、本日は仏滅と重なっており、効果は半減してしまいます。