スポンサーリンク

7月18日から発売開始、3つのサマージャンボ!おすすめの購入日は?

サマージャンボ宝くじ

猛暑が続き、仕事をする気も減退気味ですが、

今年も「サマージャンボ宝くじ」の季節がやってきました。

今回こそ、なんとか高額当選を達成して、悠々自適な生活を送りたい・・・。

今回のサマージャンボ宝くじは?

今回のサマージャンボ宝くじは、3種類!

  • 「サマージャンボ宝くじ」(市町村振興 第723回全国)
  • サマージャンボミニ1億円」(市町村振興 第724回全国)
  • サマージャンボプチ100万」(市町村振興 第725回全国)

7月18日(火)から全国で発売となり、8月10日(木)まで購入できます。

価格は、1枚300円です。

「サマージャンボ宝くじ」(市町村振興 第723回全国)

1等賞金5億円、前後賞が各1億円、1等・前後賞を合わせて7億円!

発行ユニット数は、20ユニットを予定しており、1等が20本、前後賞が40本。

※1ユニット1,000万枚

1等の当選確率は、1千万分の1(1/10,000,000)となります。

1セット(10枚)購入した場合は、100万分の1

1億円以上の当選確率は、

333万分の1(3/10,000,000)、1セット購入の場合は、約33万分の1

特別賞として「夏祭り賞」5万円が設けられており、

夏休みの旅行の足しくらいには・・・・。

「サマージャンボミニ1億円」(市町村振興 第724回全国)

1等賞金1億円、前後賞はありません。

発行ユニット数は、9ユニットを予定しており、1等が45本

1ユニットあたりの1等本数が5本に設定されています。

1等の当選確率は、200万分の1(5/10,000,000)となります。

1セット(10枚)購入した場合は、20万分の1

「サマージャンボプチ100万」(市町村振興 第725回全国)

1等賞金100万円、前後賞はありません。

発行ユニット数は、5ユニットを予定しており、1等が5000本

1ユニットあたりの1等本数が1000本に設定されています。

1等の当選確率は、1万分の1(1,000/10,000,000)となります。

1セット(10枚)購入した場合は、1000分の1

同レベルの当選金の宝くじと比べると、かなり当選しやすい設定となっています。

どれを購入すればいいのか?

結局のところ、宝くじを当てて何をしたいか、購入者の目的次第でしょう。

  • 一攫千金で悠々自適な生活を送りたい・・・、そんなあなたには、もちろん、1等5億円の「サマージャンボ宝くじ」の一択。ただし、当選確率は低いですし、奇跡を起こすレベルの運が必要。
  • 仕事を続けながらでもいいから、余裕のある暮らしがしたい・・・ということであれば、「サマージャンボミニ1億円」で十分でしょう。サマージャンボ宝くじよりは当選確率は高いとはいえ、やはり当選するには、かなりの運が必要。
  • 一度でもいいから、とにかく1等を当ててみたい・・・ということであれば、「サマージャンボプチ100万」。

私は、それほど贅沢したいわけでもないので、

「サマージャンボミニ1億円」を購入しようと思います。

縁起の良い、おすすめ購入日は?

今回の宝くじの抽選日である8月20日(日)は、残念ながら仏滅です。

抽選日の縁起があまりよくないので、購入枚数を減らして購入したいと思います。

全ての人が同じ条件なので、あまり気にする必要はないですけどね。

さて、肝心の購入日の方ですが、

縁起の良い吉日が重なった購入日が、1日ありますので、

その日を選んで購入するのが良さそうです。

下のおすすめ購入日ランキングを確認してみてください。

このサイトを訪れた皆さんに、どうか幸運が訪れますように!

おすすめ購入日ランキング

※当サイトのランキングでは、"仏滅"、"不成就日"と重なる日は減点していましたが、2017年5月6日より、吉日のみの加算方式に変更しました。
販売期間: 1970年01月01日(木) 〜 1970年01月01日(木)
抽選日:1970年01月01日(木)
当せん金・本数:
広告
広告