スポンサーリンク

2月8日から発売「バレンタイン女神くじ」。縁起のよい購入日は?

ハート

2月8日(水)より、「バレンタイン女神くじ」が各地域で販売開始されます。

バレンタインといえば、聖ヴァレンティヌスですが、この方は男性ですよね・・・。

バレンタインの女神って誰だろう?

Wikipediaで調べてみたら、いらっしゃいました。

当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。・・・・・(中略)・・・・・
彼(ウァレンティヌス)の処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

wikipedia:バレンタインデー

「女神・ユノ(Juno)」は、ローマ神話で女性の結婚生活を守護する女神で、主に結婚、出産を司るそうです。

ちゃんといたんですね、女神様・・・・。

私は、主催者の創作かと思ってました。

ごめんなさい。

今回の宝くじは、1枚200円。

1等・前後賞合わせて7,000万円(1等5000万円、前後賞各1000万円)

となっています。

抽選日である2月23日(木)は、己の日ですので、なかなか縁起は良さそう。凶日である不成就日と重なっていますが、購入日ではないので、あまり気にする必要はないでしょう。

抽選日が己の日ですので、抽選日前に、弁才天(弁財天)様へお参りしておくと、願いを叶えてもらえるかもしれません。

さて、購入日の方ですが、

吉日が重なったとても縁起の良い日があります。

中でも、おすすめ一位の購入日は、滅多にない開運日となっています。

その日を選んで購入してみては、いかがでしょうか。

下の「おすすめ購入日ランキング」を確認してみてください。

このサイトを訪れた方に、女神の幸運が訪れますように!

おすすめ購入日ランキング

※当サイトのランキングでは、"仏滅"、"不成就日"と重なる日は減点していましたが、2017年5月6日より、吉日のみの加算方式に変更しました。
販売期間: 1970年01月01日(木) 〜 1970年01月01日(木)
抽選日:1970年01月01日(木)
当せん金・本数:
広告
広告